深見東州「新春 ジャズの一人祭典!」

« チャリティー団体 サンタバリーからの感謝状   |   2015年 個展への案内文(個展の解説文) »

2015年1月15日

カテゴリー : 声楽・コンサート 会場:中野サンプラザホール

  ※ アフリカのエイズを救う、チャリティーとして行います。

20150115-jazz.jpg

  2015年1月15日(木) 開場 17:30 開演 18:30 終演 21:30予定

  「新春 ジャズの一人祭典!」

   久しぶりのワンマンショー!
   参加者全員に、紅白餅をプレゼントいたします!

   ※ なぜ餅かと言えば、「粘り強く、物モチ良く、モチ味が生かされ、
    気モチ良く、一年が暮らせるように」という、願いからです。


  2015年1月15日(木)
   中野サンプラザホール
   東京都中野区中野4-1-1


    開場 17:30
    開演 18:30
    終演 21:30 予定


   【チケット】

    S席 10,000円
    A席 8,000円


    チケットお問い合わせ:
     (株)たちばな出版 TEL 0120-992-167




ポップスの専門家やファンは、ジャズの名曲を、大きなバンドで聞かせるコンサートや、
歌手がなくなったと嘆きます。また、最近は高音でシャウトする歌手が多く、
フランク・シナトラやナット・キング・コール、フランク永井のように、
中低音の魅力でセクシーに、ジャジーに歌う歌手は稀です。
だから、いつも深見東州は、ジャズを歌ってくれとリクエストされます。
それは、類い稀な中低音の美声と、広い音域と豊かな声量があり、
英語をきれいに発音する、セクシーで魅力的な歌唱だからです。
それは、日本屈指のオペラ歌手でありながら、
ビート感覚、裏拍感覚、スウィング感覚、フェイクに優れ、
心震えるポップスを、いつも欧米で歌ってるからです。
カーネギーホールで歌った「魅惑の宵(Some Enchanted Evening)」も、
米国人に大ブラボーでした。そこで、ジャズのレジェンドが歌った名曲を、
一人で歌う「新春 ジャズの一人祭典!」を行います。
トランペットやサックスが炸裂する、フルバンドの演奏も楽しみです。
トークは、爆笑につぐ爆笑です。
ジャズの欠点と言えば、3曲聞くと飽きがきて、
酒を飲み会話がしたくなることです。だから、アレンジに変化をつけ、
ラテンやジャジーなJポップを入れ、爆笑トークで盛り上げるのです。
全ては、アフリカのエイズを救う、チャリティーとして行います。


曲目一覧 ※曲目は変更になる場合があります。

「What a Wonderfu World」
「La Vie en rose」
「It's only a paper moon」
「Fly me to the moon」
「Unchained Melody」
「思い出のサンフランシスコ」
「The Christmas Song」
「ひょっこりひょうたん島」
「べサメ・ムーチョ」
「Moon River」
「A列車で行こう」
「Misty」
「As time goes by」
「Love me Tender」
「ベッドで煙草を吸わないで」
「マスカレード」
「My Way」
「魅惑の宵」
「モナリザ」
「追憶」
「枯葉」
「嘘は罪」
「慕情」など、20数曲




profile

進撃の阪神 深見東州
本名 半田晴久
別名 戸渡阿見(ととあみ)

※仮面ライダーに変身する役者ではありません


兵庫県西宮市出身。阪神地区から関東に進撃した、破壊力のある歌手なので、“進撃の阪神”ロック歌手、演歌歌手、ジャズ歌手と呼ばれる。オペラ歌手としては、日本屈指の実力派オペラ歌手と評される。ヴェルディー作曲のバリトン三大難曲「リゴレット」「ファルスタッフ」「ナブッコ」、モーツァルト作曲のバリトン二大難曲「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」、ドニゼッティ作曲のバス難曲「ドン・パスクワーレ」の各タイトルロールを演じ、いずれも大好評を博す。今年6月、新国立劇場オペラパレスで、世界の歌姫ルネ・フレミングと共演し、大好評を博す。オペラ歌手深見東州のロックは、マイケル・ボルトンの絶賛する、ハートフルな美声で爆発的に乗り、バラードで泣ける本物です。また、泣いてシビレる演歌歌手としても、定評があります。ジャズは、どのレコードで聴くよりもいいと言われ、きれいな英語の発音とジャジーな乗りに、専門家から高い評価を受けています。だから、ファンも多いのです。


グラミー賞受賞のレジェンド・シンガー マイケル・ボルトン氏大推薦!
「一度聴くだけで、半田氏(深見東州氏)が歌う事をどれほど愛しているかがすぐにわかる。その圧倒的な美声、卓越した歌唱力、幅広い声域と歌にかける情熱は、音楽を愛する数多くの人々を魅了するだろう。私は半田氏の大ファンである。」
(マイケル・ボルトン)

« チャリティー団体 サンタバリーからの感謝状   |   2015年 個展への案内文(個展の解説文) »

芸術・音楽活動