世界初・薪能と薪京劇の競演

« 穂高を中心とする北アルプス合唱団 定期演奏会 in 関西   |   第4回東アジア美術交流祭 日本・中国国際交流展(2006年東京展) »

2006年11月19日

カテゴリー : 能楽 会場:六本木アリーナヒルズ

「楊貴妃」と「項羽」という、日本人にとって、大変馴染み深い人物の物語を、日本の伝統芸術「能」と、中国の伝統芸術「京劇(昆劇)」にて、それぞれ上演しました。
世界初となる「薪能と薪京劇」の競演です。

半能『項羽』

世界初・薪能と薪京劇の競演

半能『項羽』

シテ(項羽):深見 東州
ツレ(虞氏):辰巳大二郎
ワキ(草刈男):殿田 謙吉
ワキヅレ(草刈男):則久 英志

笛:寺井 宏明
小鼓:住駒 充彦
大鼓:佃良 太郎
太鼓:徳田 宗久

後見:辰巳満次郎/山内 崇生

地謡:
小倉 敏克/広島 克栄/水上  優/高橋 憲匠/
辰巳 孝弥/澤田 宏司/東川 尚史/金野 泰大

世界初・薪能と薪京劇の競演

世界初・薪能と薪京劇の競演


開演前の会場(六本木ヒルズアリーナ)

半能「項羽」

世界初・薪能と薪京劇の競演

項羽(深見東州)

世界初・薪能と薪京劇の競演

虞美人(辰巳大二郎師)

世界初・薪能と薪京劇の競演

世界初・薪能と薪京劇の競演

世界初・薪能と薪京劇の競演

世界初・薪能と薪京劇の競演


「白猿献寿」

世界初・薪能と薪京劇の競演

白猿(左:年金鵬氏) 火神(左より2人目:黄彦忠氏) 北京京劇院梅蘭芳京劇団共演

世界初・薪能と薪京劇の競演

見事なアクロバットの連続に、会場には割れんばかりの拍手が鳴り響きました。

昆劇「長生殿-楊貴妃」

世界初・薪能と薪京劇の競演

楊貴妃(左:沈暁麗氏) 玄宗皇帝(右:張軍氏) 北京京劇院梅蘭芳京劇団共演

世界初・薪能と薪京劇の競演

京劇「覇王別姫」

世界初・薪能と薪京劇の競演

項羽(左:陳俊傑氏) 虞美人(右:張馨月氏)

世界初・薪能と薪京劇の競演

能「楊貴妃」

世界初・薪能と薪京劇の競演

能「楊貴妃」

シテ(楊貴妃):渡邊荀之助
ワキ(方士):殿田 謙吉
ワキヅレ(所の者):遠藤 博義

笛:寺井 宏明
小鼓:住駒 充彦
大鼓:佃良 太郎
太鼓:徳田 宗久

後見:辰巳満次郎/宝生 和英

地謡:
小倉 敏克/広島 克栄/水上  優/高橋 憲匠/
辰巳 孝弥/亀井 雄二/薮  克徳/金野 泰大

世界初・薪能と薪京劇の競演

楊貴妃(渡邊荀之助師)

世界初・薪能と薪京劇の競演

悲しみを表現する楊貴妃

狂言「太刀奪」

世界初・薪能と薪京劇の競演

狂言「太刀奪」
太郎冠者:山本 則直
主:若松  隆
次郎冠者:遠藤 博義

最後に、深見氏より、日本と中国の出演者が一人ずつ紹介されました。

世界初・薪能と薪京劇の競演

世界初・薪能と薪京劇の競演

世界初・薪能と薪京劇の競演

「能」における悲しみの表現について、観客にわかりやすく解説する深見氏

世界初・薪能と薪京劇の競演

万雷の拍手に包まれ、世界初の「薪能と薪京劇の競演」が無事に終了しました

« 穂高を中心とする北アルプス合唱団 定期演奏会 in 関西   |   第4回東アジア美術交流祭 日本・中国国際交流展(2006年東京展) »

芸術・音楽活動