ええええっと思う絵がある展覧会

« 崇寶会 半能「鞍馬天狗」   |   第6回 風車の書画展 »

2005年3月19日

カテゴリー : 絵画・水墨画 会場:東京国際フォーラム(Aブロック1Fホール)
深見東州の誕生日恒例となった作品展、今年は「ええええっと思う絵がある展覧会」というタイトルで、3月19日から25日まで開催された。

ええええっと思う絵がある展覧会

開幕式スピーチ
19日の開幕式には、深見東州の作品を見ようと、今年も多くの方が駆けつけた

ええええっと思う絵がある展覧会

入場ゲート

この度の絵画展では、新作90点・旧作30点の全120点の作品が展示された。  

今回は、特に皆様から「過去の作品も見たい」というご要望が大変多かったため、急きょ旧作も展示されたものである。

ええええっと思う絵がある展覧会

テープカット

ええええっと思う絵がある展覧会

自身の書いた書画「須弥仙山に飛び立つ鳳と凰」を、参加者に説明する深見東州

ええええっと思う絵がある展覧会

今年は、自身がデザインしたマグカップも出展した。

« 崇寶会 半能「鞍馬天狗」   |   第6回 風車の書画展 »

芸術・音楽活動