オペラ 『大正時代のボエーム』

« 第六回 東州宝州会全国大会   |   第七回 東京大薪能 能『田村』 »

2004年9月 2日

カテゴリー : オペラ 会場:ゆうぽうと簡易保険ホール
プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」(放浪する芸術家の友情と愛を描いたオペラ)の舞台設定を、日本の大正時代に置き換えた「オペラ 大正時代のボエーム」で、深見東州はマルチェッロ役を演じた。

第1幕 大正10年頃の谷中付近の下宿屋。 クリスマス・イブの午後。

 【あらすじ】
 自らを「四銃士」と名乗る、詩人のロドルフォ(樓鳥鳳)、画家のマルチェッロ(麿千絵浪)、音楽家のショナール(潮鳴)、哲学者のコッリーネ(個理念)、四人の若き芸術家たちは、生活は貧しくとも、夢と理想を追い求める情熱に燃えていました。  マルチェッロは恋人ムゼッタ(夢是多)といつもの喧嘩別れ。仕事も手につきません。寒さに耐えかねたロドルフォは、自作の戯曲を大げさな芝居と共に燃やして束の間の暖をとります。  コッリーネは古本屋で本を買い取ってもらえず浮かぬ様子。ショナール一人が食糧や酒などを土産に買ってきます。そこへ家主のベノア(部納破)が滞納している三ヶ月分の家賃の取り立てに来ます。四人はあの手この手でベノアをおだてあげ、浮気話になったところで彼に家賃を払うことなく追い出してしまいます。これもまた青春の一コマ。彼らはクリスマス・イヴの街へと繰り出して行きます。  仕事のために一人残ったロドルフォのところへ、若い娘のミミ(美実)が訪ねて来ます。手燭に火をもらい帰ろうとしますが、部屋の鍵を落としたことに気付き戻って来ます。暗い部屋で鍵を捜すミミとロドルフォ。彼はミミの手に触れます。その手は透き通るほど白く、驚くほど冷たかったのです。ロドルフォはミミのその手に、彼が追い求めていた詩情を見出します。ミミもまた、ロドルフォに彼女の求めていた花の香りと色を見つけます。二人の出会いは恋を生み、一気に愛へと燃え上がっていったのです。

オペラ 『大正時代のボエーム』

クリスマスイブの夜、寒さに震えながら仕事をする、二人の若き芸術家 マルチェッロ(深見東州:左)とロドルフォ

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

あまりにも寒いため、マルチェッロは椅子を燃やして暖を取ろうとします。 しかし、ロドルフォは自分の書いた戯曲を燃やそうと提案します。

オペラ 『大正時代のボエーム』

ロドルフォの戯曲を燃やして暖をとる二人。 マルチェッロ(深見東州)の「必殺・火鉢またぎ」で、大きな笑いが起こりました。

オペラ 『大正時代のボエーム』

食糧や酒などをみやげに買ってきたショナール。

オペラ 『大正時代のボエーム』

家主のベノアが滞納している3カ月分の家賃を取り立てにきます。

オペラ 『大正時代のボエーム』

4人はあの手この手でベノアをおだてあげます。

オペラ 『大正時代のボエーム』

最終的に、家賃を払うことなく、ベノアを追い出してしまいます。

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

仕事のために一人残ったロドルフォの所に、若い娘のミミが訪ねてきます。 そして二人は恋に落ちるのです。

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

アリア「その冷たき手を」を歌うロドルフォ。


第2幕 クリスマス・イブで賑わう浅草六区界隈。

【あらすじ】
 街は物売りたちの威勢のよい声が響き渡り、若者や親子連れで大賑わいです。ショナールやコッリーネもお目当ての物を買います。別れたムゼッタのことが気になるマルチェッロは、若い娘をからかってみますが、一向に気が晴れません。ロドルフォはミミに髪飾りをプレゼントします。彼はカフェで合流した仲間にミミを紹介し、紙芝居屋のパルピニョール(春日如売)に子供たちが大はしゃぎする中、楽しいひと時を過ごします。  そこへ派手な身なりのムゼッタがパトロンのアルチンドロ(有珍泥)を伴って現れます。マルチェッロの心は穏やかではありません。ムゼッタもまた、彼女を無視するマルチェッロに気をもみ挑発してみせます。アルチンドロはムゼッタの本心がマルチェッロにあることに気付かず、周りの目ばかり気にしています。  ついに、ムゼッタは大芝居に出ます。アルチンドロを追い払うために新しい靴を買いに行かせ、その間にマルチェッロとのよりを戻してしまいます。  そこへ救世軍のブラスバンドが通りかかり、皆は元のさやに戻ったムゼッタとマルチェッロの愛を讃えます。アルチンドロが新しい靴を手に戻ってきた時には、カフェはもぬけの殻。かわいそうにアルチンドロの手に残ったものは、彼らの飲食代の請求書だけでした。しかしこれもまた、愛に揺れる青春のありのままの姿。

オペラ 『大正時代のボエーム』

浅草の街。大道芸人や紙芝居屋などで大にぎわい。 子供たちも楽しそうに歓声をあげています。

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

紙芝居屋のパルピニョールのまわりに、子供達が集まります。



オペラ 『大正時代のボエーム』

そこへ、マルチェッロの昔の恋人・ムゼッタがパトロンのアルチンドロを伴って現れます。

オペラ 『大正時代のボエーム』

いまもムゼッタを愛するマルチェッロの心は 穏やかではありません。

オペラ 『大正時代のボエーム』

一方、ムゼッタもマルチェッロのことが忘れられず、 アルチンドロを追い払うために、靴を買いに行かせます。

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

そして二人はついに、よりを戻すのです。



オペラ 『大正時代のボエーム』

それから、誰もお勘定の金を持っていないことに気づいて困るシーン。

オペラ 『大正時代のボエーム』

お勘定はパトロンのアルチンドロに払わせることをムゼッタが決めて、 元のさやに戻ったムゼッタとマルチェッロの愛を、皆が讃えます。

第3幕 上野不忍池の近く。 雪のちらつく2月。

【あらすじ】
 ミミとロドルフォが出会ったクリスマス・イヴから二ヶ月の月日が流れていました。あの日再びよりを戻したムゼッタとマルチェッロは、カフェに住み込みで働いています。  ある日の明け方、疲れた様子のロドルフォが訪ねて来ます。ミミもまた彼の後を追ってやって来ます。そこでミミが耳にした真実は、自分の死の近い病と、その彼女を助けることのできないロドルフォの苦悩でした。自らの運命を悟ったミミは、恋人との幸せであった思い出を胸に、別れを決意します。彼女は、クリスマス・イヴの日にロドルフォからプレゼントされた髪飾りを、二人の思い出として持っていてほしいと、切なる願いを告げます。  一方、ムゼッタとマルチェッロの間では、みたび大喧嘩が始まります。彼女の浮気を疑うマルチェッロと、そんな彼の態度に嫌気がさすムゼッタ。二人はあらん限りの罵りあいをし、ついには別れてしまいます。  雪のちらつき始めた中、ミミとロドルフォは、大喧嘩をする二人とは対照的に、あたかも愛を語り合うかのように、太陽と花の香りが祝福を与えてくれる春に別れを告げることを約束します。しかし二人は思っていました。永遠に冬が続いてほしいと。

オペラ 『大正時代のボエーム』

ミミはロドルフォとの関係がうまく行っていないことを、 マルチェッロにうち明けるのでした。

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

ミミが死に近い病であることを、 マルチェッロに語るロドルフォ。 それをミミは聞いてしまうのです。



オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

一方、マルチェッロとムゼッタは ふたたび大げんかをします。



オペラ 『大正時代のボエーム』

マルチェッロとムゼッタ、ロドルフォとミミはそれぞれ、 この後別れることになります。

第4幕谷中付近の下宿屋。 初夏の午後。

 【あらすじ】
再び若き芸術家、四人の自由気ままな生活が始まります。違いと言えば、その生活からミミとムゼッタが消えたこと。  しかし、ロドルフォはミミの面影を追い、マルチェッロはムゼッタを忘れることができません。二人は仕事が手につかない日々を過ごしています。そんな気分を紛らわすかのように、ショナールとコッリーネを交え四人は踊りや決闘のまねごとをして、大騒ぎをします。  そこへ突然、ムゼッタが病気で苦しむミミを連れて来ます。ミミは死を悟り、人生最期の場所に愛するロドルフォの胸を選んだのです。仲間たちはミミの思いを察し、各々用事を見つけ部屋をあとにします。  思い出の部屋で二人きりになったミミとロドルフォ。初めて出会った日のことを回想します。ロドルフォが鍵を見つけていたこと。ミミがそのことを知っていたこと。手を握りあい、自らを語り合ったことがいかに幸せであったことか。ミミの激しい咳にショナールがあわてて戻って来ます。  静かな時が、永遠に続くかのように流れてゆきます。ムゼッタが手渡したマフをロドルフォからの贈り物と思い込み喜ぶミミ。しかし、そのマフが無情にも透き通った白い手から落ちます。詩と花の香りを愛したミミの姿が、夕陽に照らし出されます。ロドルフォの胸にしっかり抱きしめられたミミの安らかな姿は、ロドルフォが創り出した「詩」そのものでした。

オペラ 『大正時代のボエーム』

マルチェッロとロドルフォは、 お互いの恋人のことが忘れられず、 仕事が手につかない日々を送っています。

オペラ 『大正時代のボエーム』

ムゼッタのリボンを握りしめ、 彼女に思いを馳せるマルチェッロ。 ロドルフォとの美しい二重唱を歌って、大拍手喝采。

オペラ 『大正時代のボエーム』

そこに仲間が帰ってきて食事となり、 ショナールの曲の振り付けをしようと踊る。

オペラ 『大正時代のボエーム』

4人で騒ぐシーン。 マルチェッロの深見東州は能の所作を披露!  会場は大爆笑!  『ラ・ボエーム』史上初の演出でした。

オペラ 『大正時代のボエーム』

オペラ 『大正時代のボエーム』

ショナールとコッリーネはふざけて決闘の真似事をして大騒ぎ。 一方、マルチェッロはショールをかぶって女性となり、ロドルフォとともにはやし立てます。

オペラ 『大正時代のボエーム』

マルチェッロの阿波踊りにまたもや会場は大爆笑の渦となる。

オペラ 『大正時代のボエーム』

そこに突然、ムゼッタが病気で苦しむミミを連れてきます。

オペラ 『大正時代のボエーム』

 「ムゼッタはいい人よ」と訴えるミミ。

オペラ 『大正時代のボエーム』

 コッリーネはミミのためにお金を工面しようと、 自分の外套を売りに行こうとします。 (「外套の歌」)

オペラ 『大正時代のボエーム』

皆の不自然な様子に気付いたロドルフォは、 「どうしてそんな風に僕を見ているんだ」と叫び、 最愛のミミが亡くなったことを知ります。

オペラ 『大正時代のボエーム』

ミミの元で泣き崩れるロドルフォ。

オペラ 『大正時代のボエーム』

公演後、満面の笑みで、公演の大成功を讃える グレコリー・ユーリシッチ氏。


« 第六回 東州宝州会全国大会   |   第七回 東京大薪能 能『田村』 »

芸術・音楽活動